トップ > 活動報告 > 2018年6月のニュース

連合埼玉ニュース

2018.06.18
2018年度「平和集会」開催
6月16日(土)、戦争の悲惨さと平和の尊さを学び、次代に継承することを目的として、構成組織の組合員とその家族を含め59名の参加のもと、平和集会を開催しました。

今回の平和集会では、埼玉県内の平和・戦争に関する施設として、「埼玉ピースミュージアム」「吉見百穴の地下軍需施設跡」「原爆の図丸木美術館」をバスで巡りました。

「埼玉ピースミュージアム」では、冒頭、主催者挨拶として近藤会長より、「終戦後73年が経ち、戦争経験者が2割弱と少なくなってきて、さらに今後も減っていく。そのため、次世代を担う子ども達へ平和の大切さを伝える機会も減ってしまう。この平和集会を、ぜひ、親子で戦争について、平和の大切さについて再認識する機会にしていただきたい」との挨拶がありました。

「埼玉ピースミュージアム」では、その後、学芸員による「ピースガイダンス」を受講し、「吉見百穴」では東松山市観光ガイドクラブのガイドのもと地下軍需施設跡の見学、「丸木美術館」では職員による説明にて「原爆の図」を描いた丸木夫妻の思いに触れました。

連合埼玉では次代へ戦争の恐ろしさ、平和の尊さを伝えるためにも、今後も継続した取り組みをおこなっていきます。