トップ > 活動報告 > 2018年2月のニュース

連合埼玉ニュース

2018.02.05
災害ボランティア救援隊「雪かたし」
 1月27日(土)~28日(日)に災害ボランティア救援隊は、福島県大沼郡金山町にて「雪かたし」を総勢17名の参加のもと、実施してきました。

 「雪かたし」は県外の独居老人宅などを雪害被害から守ることを目的としており、2014年より金山町からの要請にもとづき、ボランティア隊を派遣しています。

 現地では、ボランティア実施日の2,3日前からの降雪と、屋根からの落雪もあり、民家の壁には2~3mの雪が積もり、1階部分の窓はすべて雪で覆われてしまい、昼間も日の光が入らない状況でした。

 ボランティア隊は2グループにわかれ、2日間で計4件の民家において「雪かたし」をおこないました。特に、初日は雪が降る中での実施となり、また、どこを見渡しても雪だらけで、雪を捨てる場所すら見つからないような現場での作業となりましたが、なんとか1階部分の窓が見えるまでの除雪をすることができ、お住まいの方にも大変感謝していただけました。

 今回が初めての参加という隊員もいるなかでしたが、隊員同士のフォローもあり、全行程をけが人を出すことなく終えることができました。