トップ > 活動報告 > 2018年1月のニュース

連合埼玉ニュース

2018.01.15
連合埼玉「2018新春のつどい」開催
1月10日(水)、ときわ会館にて「2018新春のつどい」を開催しました。

 冒頭、近藤 嘉会長からは、「まさに「働き方改革」法案に関する審議が、本格化しようとしている。この法案には、罰則付き時間外労働の上限規制や、 中小企業の割増賃金率の猶予措置の廃止など、私たちが従来求めてきた政策が実現されようとしている一方で、企画業務型裁量労働制の拡大や高度プロッフェッショナル制度の導入など、長時間労働につながりかねない内容も含まれている。『働き方改革』が、『働かせ方改革』にならない様、注視していく必要がある。」と挨拶がありました。
 また、先の衆議院議員選挙の結果も踏まえ、「今回の総選挙の結果を真摯に受け止め、第19回統一地方選挙、第25回参議院議員選挙に向け、ここにお集まりの皆さんと危機感を共有した上で、次なる取り組みに進んでいきたい」と訴えました。

 来賓の上田知事からは、「所得が伸びないことによる貧困の格差にしっかり取り組んでいきたい。連合埼玉としても、真の働き方改革につながるよう真正面からの運動展開をお願いしたい」と挨拶がありました。

 会場には、そのほかにも大変多くのご来賓をはじめ、構成組織・地域協議会の代表者など大変多くの方にご臨席いただきました。